2017年02月12日

平成29年2月 添え状より

立春もすぎ、18日は二十四節季のひとつである「雨水」です。寒さも次第に緩んで、上空で雪原から上昇する水蒸気が冷やされて、春の雨を降らせる意味ですが、盛岡はまだ寒く三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていくようです。

皆様、如何お過ごしでしょうか。2017年も2月に入りました。さて、今年はどんな年になるのでしょうか。どんな芸人が、どんな言葉が、どんな歌が、あるいはどんなポーズが、今年流行るのかを予想してみませんか。


昨年はなんといっても、後半から大ブレークした、パンチパーマにサングラス、豹柄の衣服を身にまといペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)”という意味不明なフレーズが印象的なピコ太郎さん。自称53歳だそうですが、凄いと思うのは、大ブレークのきっかけをピコ太郎さん自身が作り出していることです。

PPAPを初めて人前で披露したのは、20153月、いわきのハワイアンセンターで東日本応援チャリティーライブのこと。その後、ピコ太郎さんが自分の踊りをYouTubeにアップしたところ、女子高生や海外を中心に面白いと話題になり、あのジャスティン・ビーバー(世界的人気のポップミュージシャン、1994年生)がビーバー自身のTwitterで今、お気に入りの動画"PPAPをツイートしたことから爆発的に広がったそうです。何しろYouTubeの週間再生回数ランキングで世界一(同ランキングで日本人が1位を獲得するのは初めて)という大快挙を成し遂げ、世界的ニュースメディアの「TIME」「BBC」「CNN」に取り上げられる凄さです。世界1短いヒット曲として、ギネスブック入りも果たしました。

一見、出来そうだなと思える身体の動き、ニヤけながらのダンス、オネェっぽい手の感じ、何だかマネしたくなってしまう中毒性があります。何より、ピコ太郎さんが楽しそうです。

最近では、一発屋とか「何が面白いのか分からない」という感想もあるようですが、その意見も「すごくありがたい」とピコ太郎さんは話されていました。たとえば『子供のころ、ドリフの「生麦生米生卵、イェーイ!」で、笑っていた世代の、その時の大人たちは「何なのこれ。見るの止めなさい」と言ったように、わからない人にはわからない。面白い人には面白い。それでいいのだ、無視されるのが一番怖いと。

岩手にもゆかりの井上ひさしさんの「座右の銘」が思い出されます。                   

「 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに 」


『余命1カ月から生還した医師が伝える/生命力の磨き方』(保田賢児・シバブックス)という本の中にもありました。保田先生は病気になって思った癒すべきは身体ではなく、心″だったと。「(病気になって)普段何気なく見ていたものが、愛おしく、輝いて見えるようになり空や風、木々や草花など五感に感じられるすべてが愛おしく感じられるようになります。(略)愛や祈り、笑いなど正の感情が免疫系をはじめ神経系、呼吸循環器系、内分泌系など全身に良い効果を与えることが多くの論文で報告されています。」

 見渡せば日常は、自分の考え方、とらえ方次第で、楽しいこと、面白いことで満ち満ちています。素直に自分のしたいことをしましょう。前向きにどんなことも笑顔で、2017年もいろんなことをご一緒に楽しみませんか


さて二月の請求書を同封いたします。ご不明な点は各ケアマネージャーや総務までお問い合わせください。寒気冴え返る時節柄、ご自愛専一にお願い申し上げます。    敬具


平成292月8日    総施設長 神原美智子

posted by 施設長 at 21:23| 日記

2017年02月01日

平成29年1月 添え状より

寒中お見舞い申し上げます。2017年、新春を皆さまはいかがお過ごしでしょうか。


もうすぐ寒さのピークといわれている大寒(120日)ですが、この大寒を過ぎると冬が終わり春がやってくるといわれています。

この春の気配をいち早く教えてくれるのは、やはり野山に咲く花ではないでしょうか。寒牡丹や寒木瓜、寒椿・・。

1.gif


椿は字の中にも春という字がありますし、寒梅の別名は「春告草」。凛として雪の中でも咲いている花を見ていると、何か勇気が湧いてくるような気がします。

さあ、今年のあなたはどんな花を咲かせますか?



2.gif


 弊社のお正月は、今年もそれぞれの施設で、年神様に1年の御加護をお願いする新年会の行事からスタートいたしました。

これは一号館である徳寿の森が始まったころに、「お正月は絶対、お節料理」とつぶやいたご入居様に合わせて、毎年厨房スタッフが腕をふるい、施設ごとにお正月料理を手作りし、新年会が恒例行事になりました。



29.2.jpg



4.png















新年会のメインはもちろんお節。その中身は、子孫繁栄を願う数の子、八頭(やつがしら)に代表されるお芋。昆布(よろコブ)。紅白のかまぼこ、ナマス、海老(腰がまがるまで長生き!)、ハス(先が見とおせるように)。黒豆には、「まめに暮らす」、元気に暮らしましょうという意味が込められています。
こうした縁起の良い食べ物を、皆でいただいてお正月からお腹も満たされて、今年一年も幸せをいっぱい掴みましょう! という訳です。新年会には、各事業所のリーダー達も出勤して、私や室長は晴れ着でご利用者様もスタッフも一同に会しました。

こうして今年も初春をお祝いすることができましたことを感謝いたします。


今年の干支(えと)は「丁酉(ひのととり)」。どんな年になるかのヒントは、暦が一巡する60年前にあるといわれることから、60年前の1957年はどんな年だったのかを調べてみました。


3.jpg


 初の五千円紙幣聖徳太子の肖像)や、100円硬貨が発行され、東京がロンドンを抜いて851万人、世界一の人口都市になった年。アメリカとソ連の冷戦構造の時代で、人工衛星の開発も両国によって競われ、ソ連は世界初のスプートニク1号と、犬を乗せたスプートニク2号を打ち上げています。岸信介内閣が成立し、日本初の女性週刊誌週刊女性」が創刊され、フランク永井の「有楽町であいましょう」、島倉千代子の「東京だよお母さん」がヒットしました。日本専売公社がフィルター付きたばこ「ホープ」を発売し、トヨタが、アメリカへの自動車の輸出を開始したのも1957年。トヨタ自動車が「コロナ」、富士精密工業が「スカイライン」、日産自動車が「ダットサン・210」を発売。スポーツでは、長嶋茂雄さんが巨人に入団したり、当時すでに人気のあったプロレスラーの力道山が後楽園で日本初の世界選手権を行い、海外のルーテーズと対戦した年・・・。


酉年はニワトリの姿からバタバタと落ち着かない年ともいわれますが、景気は比較的よく経済に流れがあるのが特徴です。また昔から鳥は幸せを知らせる存在とも考えられています。2017年のキーワードは、「外部の力と協調して、一緒にはばたくこと」。外部の力と連携することが順調な発展、成長につながるカギとなる・・・こういう年回りみたいです。


瀬戸内寂聴さんが、こんなことを書いておられました。「自分のためではなく、人のために尽くす――これを仏教では『忘己利他(もうこりた)』と言います。もう懲りたではありません。己を忘れて他を利する。自分のことはさておいて他人のことをしなさい。これは慈悲の極みなり」。自分を忘れて、他人に尽くすことが大切だと仏さまは諭されています。他人のために尽くす・・今年はとくに心がけたいと思います。


「一度しかない今日が良い日でありますように」。2017年、弊社にかかわるお一人おひとりの笑顔をいただけるように使命感をもって職員全体がケアを頑張ってまいります。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

これから一年中で一番寒い大寒を向かえますので、お風邪などひきませんようご養生ください。                                 敬 具

徳寿の森新年会

                  平成29年1月12日 総施設長  神原美智子
posted by 施設長 at 22:11| 日記