2019年01月05日

平成31年1月 添え状より

あけましておめでとうございます。


31.1 B.jpg




皆さま、お正月はゆっくりお過ごしになられましたか。

今年は何といっても平成最後の年、31年続いた「平成」が430日に現天皇陛下が退位されて、年号が変わることが大きな話題になっています。

政府は、51日の皇太子さまの新天皇即位に向け国民の祝賀ムードを盛り上げる施策や財務省は「即位礼正殿の儀」の記念貨幣として一万円金貨幣や五百円貨幣を発行するようですが、どんな新元号になるのか、気になるところです。やはり二文字で、書きやすくて読みやすい漢字だとは思うのですが。


31.1 E.jpg


海外の方に「天皇が変わると、新しい年号(元号)になるなんて混乱しないのですか?」と心配されたりしますが、年号の起源は古くて、紀元前115年の中国にあるといわれています。それは、ある君主が統治している間は、君主の力や影響は無限に及ぶ、という思想からきたもので、君主が変わると新しい年号をつける習慣となって行ったのでした。


日本で正式に年号が使われ始めたのは「大化の改心」(飛鳥時代645)からで、1300年も前のことだったんですね。その後、天皇が交代するときや、何か大きな吉兆があったとき、また自然災害や疫病の蔓延など大災害時、大戦乱の時などにも年号を変えていました。しかし、明治政府によって一代の天皇に一つの元号に定めるようになってからは、世の中の状況で年号が変わることはなくなりました。

 31.1 A.jpg



こうしてみると新たな名前をつけて時代の流れを変えようとする試みが感じられて、今までの年号も味わい深いものがありますね。新元号の発表は即位の1カ月前と発表されていますから、官公庁、手帳やカレンダー業界、IT業界はじめ様々な会社が対応に追われるでしょう。



また翌年2020年は東京オリンピッ(72489)・パラリンピック(82596)があり、2025(53113185日間)は大阪万博が開催されます。これから数年間のうちに日本経済、日本の歴史が大きく変化するかと思うと、楽しみな気持ちと同時に大きな変化に対するストレスも感じて、少し複雑です。皆さまはいかがでしょうか。

でも、多様な時代に、固定観念をもたず柔軟に対応し、良いところは取り入れ、いつの時代も人の心″を一番に生きていきたいと思います。

31.1 C.jpg


『おめでとうございます』・・・お正月から何度この言葉を口にしたことでしょう。この言葉は、「芽が出る」、物事がこれから始まるという意味ですから、本当に「よい年、幸せ、めでたい年」にしたいです。

一度しかない今日が良い日でありますように″・・2019年沢山のよき事が皆様にありますことをお祈りいたしますとともに、弊社にかかわるお一人おひとり様の笑顔をいただけますように、使命感をもって、職員全体が今年も頑張ってまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


1月分の請求書を同封いたします。ご不明な点がありましたら、総務までご連絡ください。これから一年中で一番寒い大寒をむかえますのでお風邪などひきませんようご養生ください。                           


                  平成301月5日 総施設長  神原美智子

posted by 施設長 at 13:08| 日記