2018年07月22日

平成30年7月 添え状より

拝啓 記録的な豪雨となった西日本で大きな被害が出ていますが、皆様のお住いの地域はいかがでしょうか。


3.png

 今年はゲリラ雷雨が多いという予想なので、市町村が作成している「ハザードマップ」を活用して、危険箇所を確認し、安全に避難するための避難場所や避難経路、避難方法を社内で事前に確認する予定です。いざという時に備えて、日頃から対策をとるようにしますので、皆様もどうかお気を付けてお過ごしください。


 さて今日は、「客家の法則」のお話をします。中国南部に客家(はっか)という少数民族がいますが、今の経済大国としての中国の祖を築いたケ小平や、革命家の孫文、また台湾の李登輝、シンガポールのリー・クワンユーなど有能な政治家をたくさん輩出したことで知られています。世界中に広がる大富豪の華僑も客家の出身が多く、「東洋のユダヤ」とも言われるほど優秀な少数民族です。彼らは、中国全土を支配していた漢民族の一部の末裔と言われており、古代には北の方に住んでいました。


2.jpg

  客家(はっか)とは、よそ者という意味。客家の家は、地震や防火、獣や外敵の襲来に備えてこのような形態になったと言われ、大きいもので何十世帯が一緒に暮らすこともできる広さです。



その後、難を逃れて福建省など南の地にやってきた客家(はっか)は、流浪の地で、独特な建築様式の家を作って住んでいます。イタリアのコロッセオのような、まるで巨大な円盤が舞い降りてきたような家は「福建土楼」と呼ばれ、現在は世界遺産にも認定されています。

NHKの番組で「福建土楼」の特集をしていました。レポーターが、この村の長老に「この小さな村から、なぜ多くの優れた人物が生まれたのですか?」と尋ねたところ、長老は、「隣の人に親切にしてもらっても、その人にお返しをしてはならない、という教えが伝わっているのだ」と答えました。おや、おかしい? 親切をされたら、その人に親切を返すのが当たり前ですが、「親切のお返しをしてはいけない」なんて、不道徳じゃないかと思いましたが、続けて、長老は、こう言いました。
 
「右隣の家に人に親切にされたら、反対の左隣の家に人に親切をしなければならないのだ」
と。なるほど、まさしく眼から鱗です。円型ドームなので、左へ、左へと、親切を送り続ければ、いつの日かグルッと回りまわって自分に還ってくるというわけです。長老は、そういう「生き方」を実践して、多くの偉人を輩出してきたのだと、遠回しに説明してくれた訳です。そこには、まず行動することがハピネスに繋がる、という法則もあります。「運は親切にした相手の背中から来る」という言葉がありますが、ささやかなことでも、自分から積極的に行動して、はじめて幸運が得られるわけです。


4.png

今年も半年が過ぎましたが、皆様のために私たちができること、一つずつ確認して、後半戦も頑張りたいと思います。ご一緒に、この暑い夏を乗り切りましょう。




5.jpg

 さて7月の請求書を同封いたします。何かありましたら、お気軽にお問い合わせください。810日頃に今年も夏祭りを企画しておりましたので、楽しみにお待ちください。

炎暑の毎日、夏負けなどなさらないようお祈り申しあげます。       敬 具



posted by 施設長 at 16:54| 日記